あがり症克服と自己改善のSEIWA話し方教室

話し方教室の画像

講座内容のご案内


ホーム開設教室入会・見学WEB教室あがり症について会社概要

話し方講座

■ あがり症の克服
  あがり症は大なり小なり自分のコンプレックスが引き起こします。それは過去の失敗であったり、人へのうしろめたさから来るものであったり、あるいは親や先生からの抑圧感であったりさまざまです。

  人はこうした心の底にひそむコンプレックスにしばられてあがり症などの状態におちいります。こうした苦手を克服するには逃げないことです。逃げれば逃げるだけ固定化されます。苦手に正面から向き合い、勇気を出して体験することが大切です。

  とは言っても、怖くてなかなか出来ないものです。いままで避けていた分、不安がふくらみ恐怖にすらなっています。この教室はそのためにあるのです。失敗を恐れないで自分のペースで体験を積み重ねていけばいいのです。

  この教室はあがり症の克服に一番力を入れています。

■ 話し方の向上
  人の前で滅多に話をする機会のない人にとっては、自分の話し方に自信が持てません。決して下手だから、能力がないからということではありません。

  人の前で落ち着いてまとまった話をするには、話し方の基本を学び練習をする必要があります。そうすれば誰でも上達します。この教室は、数多く話し方を実修し、向上していただくための場です。

コミュニケーション講座

■ 心の交流
  日常の人間関係のなかで、心と心が触れ合い、わかりあった時に、私たちは喜びや幸せを感じます。そのためには、調和のとれた自己主張や、素直に自分を表現したり、相手の話に耳を傾けることが大切です。人は心の感性を磨き、ものの見方、考え方をはっきり自覚することで変わります。

■ 会話が苦手
  会話が苦手な人に共通するのは、そのままの自分の気持ちが出せないことです。言いたい言葉を飲み込んでしまう人もいます。こうした人は、自分の気持ちを素直に話す練習が必要です。話す楽しさを知ることが大切です。人の前で自分を表現することで変わっていきます。

ホーム

WEB話し方教室
無声に学ぶ
今月のレッスン
Spot Light
参考スピーチ
参考スピーチ集
あがり症について
(株)SEIWA話し方教室





お問合わせ見学希望入会金・月謝プロフィールサイトマップ埼玉の話し方教室
話 し 方 講 座 の 内 容
 発 声 ・ 発 音
年齢に関係なく、毎日の少しづつの発声・発音訓練で今より心地よい、今よりひびきのいい言葉が出せるようになります。
ことばが確実に生き生きとしてきます。
 呼 吸 法
この教室では、緊張をほどくためのすぐれた呼吸法を実習します。
 朗 唱
人前で声を出して読むという練習が、実社会で報告書などを読むときの支えになります。また他の人々と声を合わせて、美しい日本の文や詩を読むことは、とても心地よいものです
 スピーチの練習
人の前で話をする練習です。うまく話すことが目的ではありません。素直に自分を表現する・・・ここから始まります。
 ステージ上でのスピーチの実修
この体験は自分に自信をつけ、苦手を克服していく上で大きな成果を生んでいます。非日常的なこの体験は大変勇気づけられ、新たな自分を見出す貴重な実修です。
コミュニケーション 講 座 の 内 容
自分が変わる、その本質的な要因は自分を表現することにあります。自分の思いや気持、考えを表現しないことが、私たちの中から積極性を失わせています。


  コミュニケーションの問題も、人前での話の苦手意識も根は同じところにあります。人は表現するために生まれてきていますから、自分を語れば生き生きとしてきます。コミュニケーション能力を育てるためには、話す楽しさを知ることが大切です。

  この教室は、そこを目的としています。
よ り よ い 人 間 関 係 の た め に
人はそれぞれ人づき合いの中で数々の失敗や成功をしてきます。
そうした失敗や成功の経験の中からよりよい人間関係のあり方の知恵が生まれてきます。その知恵の一端を学びます。時間の都合により講座は随時です。

話し方教室であがり症を治すには こちら

※ 結婚式でのスピーチ、会社でのプレゼン、PTAでの発言など必要な人はいつでも実修できます。

何でもお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ

【page topへ】

お問い合わせ ・ 見学希望 ・ 入会金 月謝 ・ 開設教室 / 埼玉 話し方教室

(株)SEIWA話し方教室

Copyright (C) SEIWA Kawakami All Rights Reserved /2005 12 1