あがり症克服と自己改善のSEIWA話し方教室

話し方教室画像

WEB話し方教室


ホーム開設教室講座内容入会・見学あがり症についてお問い合わせ

HOME > WEB話し方教室 > WEB話し方講座 LESSON6

WEB話し方講座

LESSON6
話材の集めかた

6 話材の集めかた

  何を話していいか話題にこまるという人が結構います。日常会話には話しの種に事欠かないでハナシているのに、まとまった話にこまるんですね。
  でも、しょっちゅう人前で話している人たちは、話の種が尽きそうなのに、逆です。もの書きも同じだろうと思います。書けば書くほど、次に書きたいものが出てくる。

  まとまった話の種にこまるという人は、思い切って人前でどんどんしゃべればいいんです。日常が話しのことにかなり占められてきます。眼や耳にアンテナを取り付けたようなものです。今まで何気なく見過ごしていた事柄や眼に触れるものに、心のアンテナが反応します。
  《必要は生みの母 》ですね。人の能力は使えば使うほど増えるとも言えます。
話材の集めかた
体験 (直接体験、間接体験)
日常生活の出来事を常に話題になるかどうかの関心でみる。
新聞、雑誌で興味あることを切り取っておく。
自分の得意な分野。
前の人の話から話材をいただく。

専用の手帳を用意し、気のついたこと、感じたことなどをメモると、いつの間にかかなりの話材が集まります。

次に日常から拾った話題のスピーチを紹介します。

  みなさま おはようございます。○○○○です。
  みなさん江戸しぐさってごぞんじですか。以前なんですが、歩道を歩いている時に、後ろから自転車に乗って通り過ぎたおばあさんが、ふりむきざま私に罵声をあびせて行ったんですね。

  おもわず私もムッとして「何だろう。このおばあさんは!」と腹がたったんです。
なぜあんな言い方をされなければいけないのか、ちょっと理解できなかったんです。
自分の落度にも気づかないで、おばあさんを一方的に非難してました。

  先日、新聞の声欄に『感動しました。江戸しぐさ』という投書が載っていたんですね。それによりますと江戸の人々は、雑踏の中ですれちがう時は、おたがい傘をしぼめたり、あるいは肩をかたむけたりのしぐさを身につけていて、それを(江戸しぐさ)というんだそうです。
  そうだったのか。私は自分の落度を棚にあげていたけど、狭い歩道を歩くときは、普段からお互いへの思いやりも大切だったんだと気がついたんです。

  私は一年前までは新潟に住んでいて、いつものんびり買い物をしたり、歩いたりしていましたし、自転車も歩道を通ることはありません。都会の生活にとまどうことも多いんです。
  普段からもっと思いやりをもって生活しなければということを、(江戸しぐさ)という言葉から教えられました。きょうは、江戸しぐさについてお話をしました○○○○でした。

(このスピーチは、うらわ話し方教室のT・Fさんが実修で話されたものです)



WEB話し方講座

1話し方の作法2自己紹介のレッスン
3緊張をほどくための呼吸法4スピーチのつくり方
5主題を生む6話材の集めかた
7スピーチのまとめかた8スピーチのまとめかた(例1)
9スピーチのまとめかた(例2)10話し方で最も大切なこと

11あいさつのまとめかた12結婚披露宴のスピーチ
13告別式のあいさつ14話し方のテクニック(1)
15話し方のテクニック(2)16話し方のテクニック(3)
173分スピーチの大切さ18イメージトレーニング法
19聞くきわみは、至高の美20ことばのひびきと心・身体

21そのままの自分を語る22傷つくことを恐れないで話しましょう
23嫌われる話し方124話が苦手
25自分を開く話し方26話し方、考え方そして人生
27話し方にみる心の姿28嫌われる話し方2
29人間的な味がパワー30心にひびくスピーチ
WEB話し方教室ホームへ戻る

ホーム ・ お問い合わせ ・ 見学の申込み ・ 入会金 月謝 ・ 開設教室 / 埼玉 話し方教室

(株)SEIWA話し方教室

Copyright (C) SEIWA Kawakami All Rights Reserved /2010 8 15
このホームページに記載された全てのコピー・転載を禁じます。