あがり症克服と自己改善のSEIWA話し方教室

話し方教室画像

WEB話し方教室


ホーム開設教室講座内容入会・見学あがり症についてお問い合わせ

HOME > WEB話し方教室 > WEB話し方講座 LESSON3

WEB話し方講座

LESSON3
緊張をほどくための呼吸法

3 緊張をほどくための呼吸法

  人はあがると、心臓がドキドキしたり、呼吸が速くなったり(ひどい場合には呼吸困難になります)、赤面や震え発汗などの症状をおこします。

  これは緊張と不安から引き起こされるのですが、自分の意志ではコントロールできません。自律神経のはたらきなのです。

  心をゆったりと落ち着いた方向へ導いていけば、緊張や不安が解消されていきます。呼吸法はそのための方法です。


§  腹式呼吸
まず腹式呼吸から始めてみましょう。

@ おなかに手をあてて、口から息をはきながらおなかをへこませます。
A 充分息をはききったら、こんどはおなかをふくらませながら鼻から息を吸います。
B 慣れたら、次にゆっくりと息をはくようにします。
だいたい吸う時間の倍の時間をかけてはきます。
C 心もち息を吸う時は、肩を上げ息を吐くときは肩を下げながら緊張の気も下げます。


§  姿勢

* 立ち姿勢・座り姿勢
あごを引き、肩の力をぬき、頭のてっぺんが天から糸で引っ張られている感じで
背筋をのばします。
* 椅子姿勢
椅子の前半分に座り、足は引きかげんにして上記の姿勢をとります。


§  実施方法

* 人前で話しをする時を待っている間に、ひとり静かに上記の姿勢で腹式呼吸をします。
* 息をはく時、はきながら肛門を引き締めます。(きわめて大切です)
* 呼吸法をしながら、暗示のことば(ゆったりしている。おちついているなど)を繰り返します。

   ※ 普段からの繰り返しの練習が大切です。なお、教室では緩息呼吸法を取り入れています。



WEB話し方講座

1話し方の作法2自己紹介のレッスン
3緊張をほどくための呼吸法4スピーチのつくり方
5主題を生む6話材の集めかた
7スピーチのまとめかた8スピーチのまとめかた(例1)
9スピーチのまとめかた(例2)10話し方で最も大切なこと

11あいさつのまとめかた12結婚披露宴のスピーチ
13告別式のあいさつ14話し方のテクニック(1)
15話し方のテクニック(2)16話し方のテクニック(3)
173分スピーチの大切さ18イメージトレーニング法
19聞くきわみは、至高の美20ことばのひびきと心・身体

21そのままの自分を語る22傷つくことを恐れないで話しましょう
23嫌われる話し方124話が苦手
25自分を開く話し方26話し方、考え方そして人生
27話し方にみる心の姿28嫌われる話し方2
29人間的な味がパワー30心にひびくスピーチ
WEB話し方教室ホームへ戻る

ホーム ・ お問い合わせ ・ 見学の申込み ・ 入会金 月謝 ・ 開設教室 / 埼玉 話し方教室

(株)SEIWA話し方教室

Copyright (C) SEIWA Kawakami All Rights Reserved /2010 8 15
このホームページに記載された全てのコピー・転載を禁じます。