あがり症克服と自己改善のSEIWA話し方教室

話し方教室画像

WEB話し方教室


ホーム開設教室講座内容入会・見学あがり症についてお問い合わせ

HOME > WEB話し方教室 > WEBコミュニケーション講座 LESSONc-28

WEBコミュニケーション講座

LESSONc-28
家族と心が通じない

28 家族と心が通じない

  家族なのに話がかみあわないという悩みがあります。家族なのだからお互いがすんなりわかりあえるはずなのに、どうしてウチの家族は?という現実に悲しみ苦しんでいる人も多くいらっしゃるでしょう。その悩み悲しみは家族という大切な関係であるだけに心に重い課題となっています。

  お父さんやお母さんは私を育ててくれたのだから、私の事は何でもわかってくれるはずだ、と、思っていませんか?これは子どもの思い込みにすぎません。とても大切なことなのですが、愛と理解は違います。

  家族の葛藤は、理解の不足からくるものがほとんどでしょう。人は自分の価値観や心の感性で人を理解していきますから、自分の枠の中でしか理解できないのです。これが理解の不足がおこる原因です。この価値観や心の感性が、家族でもそれぞれ違いますから、理解の程度や判断には大きな差があります。

  そのため家族であっても完全に理解し合うのはむずかしいのです。一人一人の違いを理解して、その上で仲良くつながっていくのが家族です。もし家族がぴったりの者どうしでしたら、家族以外の人との交流はとてもむずかしいものになるでしょう。他の人の中に自分といっそう相性の合う人がいるから結婚が成立し、親友が出来ると思いませんか。

  家族と言えども人は皆、本来違う存在として生きています。ただ、家族それぞれの個性、人柄、器量などに違いはあっても、切っても切れない深い結びつき、こうした霊的結びにこそ家族の存在意義があります。そして、理解や判断といったコミュニケーションの世界では、家族と他の人との違いはほとんどないと言えるのではないでしょうか。


WEBコミュニケーション講座

1コミュニケーションとは2聞く力をつける
3会話の所作4目的意識をもって
5会話に大切な三要素6コミュニケーションと心の力
7自分をしっかり表現8自分の話し方・その原点
9成熟したコミュニケーション10ささいが、ただ語調の鋭さで

11言葉で勝って何を得る?12言葉による束縛は反抗を生む
13楽しい本来の会話14内的コミュニケーション
15会話の苦手な人16そのままの自分
17不快感は伝染する18雑談の効用
19話し方(自己犠牲タイプ)20話し方(見栄張りタイプ)

21初対面の人に緊張22心をつかむ話し方
23ことばの奥ゆかしさ24客観的に自分をとらえる
25メールに乗った感情26自然体であること
27会話・その奥へ28家族と心が通じない
29会話のバランス30友が去る1

31友が去る232友が去る3
33ほめれば心が開く34自分が自分であること
35何でも話せる相手36食事における会話
37つながり38聞くことの実相
WEB話し方教室ホームへ戻る

ホーム ・ お問い合わせ ・ 見学の申込み ・ 入会金 月謝 ・ 開設教室 / 埼玉 話し方教室

(株)SEIWA話し方教室

Copyright (C) SEIWA Kawakami All Rights Reserved /2011 7 1
このホームページに記載された全てのコピー・転載を禁じます。