あがり症克服と自己改善のSEIWA話し方教室

話し方教室画像

WEB話し方教室


ホーム開設教室講座内容入会・見学あがり症についてお問い合わせ

HOME > WEB話し方教室 > WEB話し方講座 LESSON24

WEB話し方講座

LESSON24
話 が 苦 手

カーネギー 話し方入門 新装版

24 話 が 苦 手

  人は本来、話すことがとても楽しいはずです。人は表現するために生まれてきているからです。でもかなりの人が自分は話が苦手だと思っています。なかには楽しいはずの日常会話すら苦痛に感じる人さえいます。なぜこうした話すことに対して歪みが生じるのでしょうか。

  話すことの楽しさは、基本的には幼児期から成長期にかけてつくられます。自分の話をしっかりと受けとめてもらってこそ話すことに喜びを感じます。まわりの大人が忙しさのあまり子どもの話相手になってやれなかったり、子どもの話すことに否定的なクレームをつけたりした結果、その子どもは話すことへのプレッシャーをかかえることになります。

  話すことと聞くこととを切り離すことはできません。話すことが苦手な人は、聞くことも本来苦手なはずです。相づちとかうってよく聞いている風は装えますが、聞いてもらう楽しさを知ってこそ、人の話をよく聞くことができるのです。

  話すことの苦手な人は、まず誰かに自分の話に耳を傾けてもらう必要があります。自分が得られなかった体験を得る必要があるのです。何才から始めても遅くはありません。安心できる人に心を開いて話すことで、話す楽しさを感じることができます。聞く人は否定的に反応してはいけません。そのままを受けとめてあげるのです。話し方教室はその役目をも持っていると私は考えます。


WEB話し方講座

1話し方の作法2自己紹介のレッスン
3緊張をほどくための呼吸法4スピーチのつくり方
5主題を生む6話材の集めかた
7スピーチのまとめかた8スピーチのまとめかた(例1)
9スピーチのまとめかた(例2)10話し方で最も大切なこと

11あいさつのまとめかた12結婚披露宴のスピーチ
13告別式のあいさつ14話し方のテクニック(1)
15話し方のテクニック(2)16話し方のテクニック(3)
173分スピーチの大切さ18イメージトレーニング法
19聞くきわみは、至高の美20ことばのひびきと心・身体

21そのままの自分を語る22傷つくことを恐れないで話しましょう
23嫌われる話し方124話が苦手
25自分を開く話し方26話し方、考え方そして人生
27話し方にみる心の姿28嫌われる話し方2
29人間的な味がパワー30心にひびくスピーチ
WEB話し方教室ホームへ戻る

ホーム ・ お問い合わせ ・ 見学の申込み ・ 入会金 月謝 ・ 開設教室 / 埼玉 話し方教室

(株)SEIWA話し方教室

Copyright (C) SEIWA Kawakami All Rights Reserved /2010 8 15
このホームページに記載された全てのコピー・転載を禁じます。