あがり症克服と自己改善のSEIWA話し方教室

話し方教室画像

WEB話し方教室


ホーム開設教室講座内容入会・見学あがり症についてお問い合わせ

HOME > WEB話し方教室 > WEB話し方講座 LESSON21

WEB話し方講座

LESSON21
そのままの自分を語る

カーネギー 話し方入門 新装版

21 そのままの自分を語る

  人は表現するために生まれてきています。赤ちゃんは泣くことで自分を表現しますし、私たちは文章を書いたり、絵を描いたり、スポーツをしたり、カラオケを歌ったり様々に自分を表現します。
  そうした自分を表現することの中で基本は話すことですね。ですから人前で話しをしたり、会話をするのは本来楽しいものです。幼い子がお母さんと話しているのはとても楽しくてうれしいといった感じですが、それがいつの間にか話すことの楽しさにひずみが出てきます。

  人前での話し方も本来楽しいはずなのに、苦手に感じている人が多いですね。人前での話し方にはあがり症という心理的な要素が入りこみますが、基本的には「うまく話したい」とか「人にどう思われるか」といった心の構えが入るからです。心に構えた話し方をしていますと、話すことが楽しくなく、疲れます。

  ありのままに素直な話し方が出来れば、話すことが楽しくなります。心の壁を取っ払って話をすれば「あれも聞いてもらいたい、これも話たい」と話すことの楽しさが出てきます。
  日常の会話でも非常に楽しいときと空しい時とあります。人を見下す人がいたり、見栄を張る人がいたりする会話は楽しくありません。終わった後で疲れが残ります。

  もう一つ会話が楽しくなく疲れる原因に、自分が人に気を使った話し方をしている場合です。小さいときから恒常的に気を使う話し方が身についてる人もいます。こうした "人の気持に合わせた話し方" は自分の本心を隠した話し方になり、話すことだけではなしに人間関係にも疲れます。

  大切なのは素直にありのままを語ることです。傷つくことを恐れる必要はありません。人に気を使う話し方は人を傷つけない代わりに自分の心を傷つけます。ストレスが貯まりますと人生そのものが楽しくなくなります。

  出来るかぎり自分の本心を語るのです。そのままの自分を出すのです。話す楽しさを取り戻します


WEB話し方講座

1話し方の作法2自己紹介のレッスン
3緊張をほどくための呼吸法4スピーチのつくり方
5主題を生む6話材の集めかた
7スピーチのまとめかた8スピーチのまとめかた(例1)
9スピーチのまとめかた(例2)10話し方で最も大切なこと

11あいさつのまとめかた12結婚披露宴のスピーチ
13告別式のあいさつ14話し方のテクニック(1)
15話し方のテクニック(2)16話し方のテクニック(3)
173分スピーチの大切さ18イメージトレーニング法
19聞くきわみは、至高の美20ことばのひびきと心・身体

21そのままの自分を語る22傷つくことを恐れないで話しましょう
23嫌われる話し方124話が苦手
25自分を開く話し方26話し方、考え方そして人生
27話し方にみる心の姿28嫌われる話し方2
29人間的な味がパワー30心にひびくスピーチ
WEB話し方教室ホームへ戻る

ホーム ・ お問い合わせ ・ 見学の申込み ・ 入会金 月謝 ・ 開設教室 / 埼玉 話し方教室

(株)SEIWA話し方教室

Copyright (C) SEIWA Kawakami All Rights Reserved /2010 8 15
このホームページに記載された全てのコピー・転載を禁じます。