あがり症克服と自己改善のSEIWA話し方教室

話し方教室画像

WEB話し方教室


ホーム開設教室講座内容入会・見学あがり症についてお問い合わせ

HOME > WEB話し方教室 > WEB話し方講座 LESSON19

WEB話し方講座

LESSON19
聞くきわみは、至高の美

カーネギー 話し方入門 新装版

19 聞くきわみは、至高の美

  話し方は「話す」ということと「聞く」ということの二つに別けて考察する必要があります。
話すということは、自分の思いや考え、体験、知識などを聞く人に伝えるという働きですね。つまり自分の内側にあるものを出していくわけです。

  それに対して、聞くということは相手の思いや考え、知識、体験などを受け入れていくことですね。既に自分にあるものが入ってくる場合もありますが、自分にとって新しいものも入ってきます。

  人の話を聞くことによって、自分の内容がふくらみ、拡大します。さらに聞くことによって、人の人生を自分の体験にもすることが出来ます。わが子の喜び、悲しみの体験は自分の喜び、悲しみになりますでしょ。

  このように聞く行為には、進歩・拡大という要素が含まれています。話す行為には、伝えるということ以外にも話すことからくる悦び、癒し、自己解放、心の交流といった側面もあります。

  自分にとって興味のあること、関心のあることがらには耳をそばだてて聞きたくなります。
さらに進んで深く考えさせられるような話、心の琴線にふれる話となると、心から雑念が消え、おさな児のような澄み切った心になります。つまり格調の高い話を聞くということは、心からよけいなものが取り除かれ、浄化されていきます

  自分の心深くにある内部知性が、本質的な話を聞くことによって刺激され、精一杯働き出しますから、人として気高く最高の表情となります。聞く行為の極みは、人を気高く美しくします


WEB話し方講座

1話し方の作法2自己紹介のレッスン
3緊張をほどくための呼吸法4スピーチのつくり方
5主題を生む6話材の集めかた
7スピーチのまとめかた8スピーチのまとめかた(例1)
9スピーチのまとめかた(例2)10話し方で最も大切なこと

11あいさつのまとめかた12結婚披露宴のスピーチ
13告別式のあいさつ14話し方のテクニック(1)
15話し方のテクニック(2)16話し方のテクニック(3)
173分スピーチの大切さ18イメージトレーニング法
19聞くきわみは、至高の美20ことばのひびきと心・身体

21そのままの自分を語る22傷つくことを恐れないで話しましょう
23嫌われる話し方124話が苦手
25自分を開く話し方26話し方、考え方そして人生
27話し方にみる心の姿28嫌われる話し方2
29人間的な味がパワー30心にひびくスピーチ
WEB話し方教室ホームへ戻る

ホーム ・ お問い合わせ ・ 見学の申込み ・ 入会金 月謝 ・ 開設教室 / 埼玉 話し方教室

(株)SEIWA話し方教室

Copyright (C) SEIWA Kawakami All Rights Reserved /2010 8 15
このホームページに記載された全てのコピー・転載を禁じます。