あがり症克服と自己改善のSEIWA話し方教室

話し方教室画像

WEB話し方教室


ホーム開設教室講座内容入会・見学あがり症についてお問い合わせ

HOME > WEB話し方教室 > WEBコミュニケーション講座 LESSONc-15

WEBコミュニケーション講座

LESSONc-15
会話の苦手な人

15 会話の苦手な人

  人の話すという能力には違いがあるように見えます。確かに人づき合いに支障が出るほど、自分のコミュニケーション能力に悩んでいる人もいます。しかし、それにはそれなりの原因があるのであって、人は本来の話す能力にそんなに違いがあるとは思えません。生まれつき声が出ない人だって、手話という手段を使って巧みにコミュニケーションをしています。

  性格的な弱さとか、幼児の頃から成長期にかけての抑圧要因などが原因となって、話す能力が上手に引き出されていないだけであって、生まれつき能力がない人はそういません。苦手だと思っている人でも、きっかけさえつかめば苦手意識は解消されます。自分の話をよく聞いてもらうという体験が少ない人など、話すことへの苦手意識をもっていますので、人に自分の話を聞いてもらうという体験を重ねるといいですね。

  苦手な人の中には、自分の思いや考えを言葉に出すことそのことがうまくいかなくて悩んでいる人もいます。そういう人は話すことに躊躇してしまいます。考えや思いを言葉にまとめてから口に出そうとしているのかも知れません。会話は言いたいことと話す行為を同時に行っているのです。話しながら言葉をまとめているのです。

  「言いたいことをちゃんとまとめなきゃ」「こんなことを言っていいのかな」などと会話の前に考えているのかも知れません。とにかく何かを話そうと思ったら、まず話し出すんです。言葉を口に出してしまうんです。それにかってに言葉を続けていくのです。会話は訓練です。失敗しながら身についていきます。

  人の能力は使えば出てきます。使わないから出てきていないだけなのです。DJのアナウンサーなど、ひっきりなしに話し続けています。あれも必要に迫られた結果の能力です。人前での話し方を学ぶのも、言葉をつなげるいい訓練になります。


WEBコミュニケーション講座

1コミュニケーションとは2聞く力をつける
3会話の所作4目的意識をもって
5会話に大切な三要素6コミュニケーションと心の力
7自分をしっかり表現8自分の話し方・その原点
9成熟したコミュニケーション10ささいが、ただ語調の鋭さで

11言葉で勝って何を得る?12言葉による束縛は反抗を生む
13楽しい本来の会話14内的コミュニケーション
15会話の苦手な人16そのままの自分
17不快感は伝染する18雑談の効用
19話し方(自己犠牲タイプ)20話し方(見栄張りタイプ)

21初対面の人に緊張22心をつかむ話し方
23ことばの奥ゆかしさ24客観的に自分をとらえる
25メールに乗った感情26自然体であること
27会話・その奥へ28家族と心が通じない
29会話のバランス30友が去る1

31友が去る232友が去る3
33ほめれば心が開く34自分が自分であること
35何でも話せる相手36食事における会話
37つながり38聞くことの実相
WEB話し方教室ホームへ戻る

ホーム ・ お問い合わせ ・ 見学の申込み ・ 入会金 月謝 ・ 開設教室 / 埼玉 話し方教室

(株)SEIWA話し方教室

Copyright (C) SEIWA Kawakami All Rights Reserved /2010 9 29
このホームページに記載された全てのコピー・転載を禁じます。