あがり症克服と自己改善のSEIWA話し方教室

話し方教室画像

WEB話し方教室


ホーム開設教室講座内容入会・見学あがり症についてお問い合わせ

HOME > WEB話し方教室 > WEB話し方講座 LESSON14

WEB話し方講座

LESSON14
話し方のテクニック(1)

14 話し方のテクニック(1)

§ 間をいかすこと

  ことばの前に沈黙の深みがあり、ことばのあとに沈黙の重みがある。
黙ることを知らない人は、ほんとうの話し方を知らない人です。「もしも、ことばに沈黙の背景がなければ、ことばは深さを失ってしまうであろう」
(スイスの思想家ピカート)

  間とは何か
話のなかで沈黙を保つ時間を、間といいます。
ただ黙るという沈黙ではなく、話の効果をあげるために、意識してことばを休むことなのです。
間には
・ 話をよくわかってもらうための間
・ 話の内容にあわせて気持を高めるための間
・ 聞き手と同調するための間
  間の型
・ 話の構造を示す間
・ 了解を待つ間
・ 省略して暗示する間
・ 反省を求める間
・ 強調の間
・ 期待させる間
・ 余韻を残す間 に別けることが出来ます。(諸星 龍 より)

§ 声に感情をこめる

どんなに話の内容がよくても、声に変化がなくて、だらだらとスピーチをしたのでは聞いてる側では、つまらなく退屈してしまいます。

  声に強弱をつける  (きわだて)
  声に表情をつける  (驚き・軽蔑・後悔・絶望・喜び・疑い・怒り・悲しみなど)

§ 話し方のスピードに変化をつける

話す速度について守るべき主要原則は、変化をつけることだ。 (トムソン)

テンポを落とす箇所(強調したい点・念をおすところ・厳粛な話・強い感情)
テンポを速める箇所(よく知っていること・重要でないこと・クライマックス・軽い感情)


WEB話し方講座

1話し方の作法2自己紹介のレッスン
3緊張をほどくための呼吸法4スピーチのつくり方
5主題を生む6話材の集めかた
7スピーチのまとめかた8スピーチのまとめかた(例1)
9スピーチのまとめかた(例2)10話し方で最も大切なこと

11あいさつのまとめかた12結婚披露宴のスピーチ
13告別式のあいさつ14話し方のテクニック(1)
15話し方のテクニック(2)16話し方のテクニック(3)
173分スピーチの大切さ18イメージトレーニング法
19聞くきわみは、至高の美20ことばのひびきと心・身体

21そのままの自分を語る22傷つくことを恐れないで話しましょう
23嫌われる話し方124話が苦手
25自分を開く話し方26話し方、考え方そして人生
27話し方にみる心の姿28嫌われる話し方2
29人間的な味がパワー30心にひびくスピーチ
WEB話し方教室ホームへ戻る

ホーム ・ お問い合わせ ・ 見学の申込み ・ 入会金 月謝 ・ 開設教室 / 埼玉 話し方教室

(株)SEIWA話し方教室

Copyright (C) SEIWA Kawakami All Rights Reserved /2010 8 15
このホームページに記載された全てのコピー・転載を禁じます。