あがり症克服と自己改善のSEIWA話し方教室

話し方教室画像

WEB話し方教室


ホーム開設教室講座内容入会・見学あがり症についてお問い合わせ

HOME > WEB話し方教室 > WEB話し方講座 LESSON1

WEB話し方講座

LESSON1
話 し 方 の 作 法

1 話し方の作法

本来人前で話しをするとき、どんな話し方をしてもかまいません。自由自在です。
ですが、ほとんどの人は話すことに慣れていないので、人前に立つだけで不安になります。そこで私たちの教室では一つの型から入っています。慣れるまでは全員同じ型です。それを話し方の作法とよんでいます。

  毎回 々同じ型から話しを始めますので、繰り返しの効果で不安の解消に大変役にたっています。
そのうえ見た目にとてもいいのです。話し方にゆとりと美しさが出ます。
それをレッスンしてみましょう。

【T】 人前での話し方の作法

※ 通常の場合

■ おじぎの仕方
  ・ みなさま(ん) おはようございます。 (声をかけてからおじぎをしたほうが、場がひきしまります)
  ・ おじぎ  (挨拶のあとにおじぎをします。おじぎは45°でします。手の位置は腰と膝のまん中くらい)
  ・ ○○○○です。 (頭を上げてから名前を言う)

■ 手の置き場
  ・ おじぎの後、手は自然に前の方に重ねておきます。

※ スタンドマイクの前で話す場合

■ おじぎの仕方
  ・ 初めに少し後方からおじぎをします。
  ・ マイクに近づき みなさま(ん)おはようございます。
  ・ ○○○○です。

人前では挨拶と同時に頭を下げるより、ひとつひとつを切り離して行ったほうが落ち着いて見えます。そして挨拶、おじぎ、名前の動作のあいだに間があれば聞き手にいい感じを与えます。


【U】 人前での話し方の基本的な型

■ サンドイッチ方式
  ・ みなさま(ん) こんにちは。(おじぎ)○○○○です。
  ・ 何々についてお話します。
  ・ 話の内容
  ・ 何々についてお話しました。
  ・ ○○○○でした。(ありがとうございました)

  挨拶、名前を話の始めと終わりではさみます。


  繰り返しますが話し方は本来自由です。でも苦手な人にとってはこうした型から入ったほうがとても楽です。多くの人が話し慣れないために(どう話をまとめたらいいか)(どう話を終わらせたらいいか)がわからなくて立ち往生してしまいます。基本が大切です。基本を繰り返し練習すればなんとかなるものです。


WEB話し方講座

1話し方の作法2自己紹介のレッスン
3緊張をほどくための呼吸法4スピーチのつくり方
5主題を生む6話材の集めかた
7スピーチのまとめかた8スピーチのまとめかた(例1)
9スピーチのまとめかた(例2)10話し方で最も大切なこと

11あいさつのまとめかた12結婚披露宴のスピーチ
13告別式のあいさつ14話し方のテクニック(1)
15話し方のテクニック(2)16話し方のテクニック(3)
173分スピーチの大切さ18イメージトレーニング法
19聞くきわみは、至高の美20ことばのひびきと心・身体

21そのままの自分を語る22傷つくことを恐れないで話しましょう
23嫌われる話し方124話が苦手
25自分を開く話し方26話し方、考え方そして人生
27話し方にみる心の姿28嫌われる話し方2
29人間的な味がパワー30心にひびくスピーチ
WEB話し方教室ホームへ戻る



ホーム ・ お問い合わせ ・ 見学の申込み ・ 入会金 月謝 ・ 開設教室 / 埼玉 話し方教室

(株)SEIWA話し方教室

Copyright (C) SEIWA Kawakami All Rights Reserved /2010 8 15
このホームページに記載された全てのコピー・転載を禁じます。