あがり症克服のSEIWA話し方教室

話し方教室画像

あがり症について


ホーム開設教室講座内容入会・見学WEB教室あがり症を治すには

35. Y子さんの体験2

孤立が怖い

Y子さんはあがり症を克服され、昨年一年間は小学校のクラスのPTA委員長を立派に勤め上げました。さらに過去の体験からくる孤立への恐怖をも克服されました。その体験談です。

 話し方教室へ通い始めて、約2年。
 最近、自分が変わったと感じる出来事があったので、お話したいと思います。

 4月というと子供達のクラス替えがあります。始業式の日、子供の学校のお母さん方は、全クラスの顔ぶれが気になり、クラスの話題でもちきりだったそうです。でも、それは、子供達のことが気になるのではなく親の顔ぶれが気になるからです。

 私はグループに属さないので、その話を聞いたのはしばらく経ってのことでした。話し方教室に通い始める以前の私だったら、その話を聞いた時に、まず「怖い」と思い、学校のお母さん方に嫌われないように等と考えて、必死で立ち振る舞っていました。

 でも今回その話を聞いて、「何でそんな事やってんの?意味ないじゃん」と心の中で思っている私がいました。さらに、「別に一人だっていいじゃん」と思っている私もいました。

 不思議なことに、一人でいいやと思えるようになってからの方が一人になることはなく、かえって気の合う仲間との出会いが増えました。
 こんな風に思える私になったのも、やはりこの話し方教室で、みなさんの前で色々なことを話せること、そして、話し方教室のみなさんが静かに全てを聞き入れてくれること、そのことが自分の勇気となり自信となってきているんだと思います。

 忙しかったり、天気が悪かったりするときは、ついつい話し方教室に行くことが億劫になってしまいがちですが、まだまだ細かいことを気にしすぎてしまう私なので、これからも自分のために話し方教室に通わせていただきたいと思います。



 自分が確立されていないと孤立を怖く感じます。Y子さんは一年間自分の目標とする役員をこなしたことによって、自分が確立されてきたのです。
 何でもいいですから目標を立て、それを達成するのです。そうした自己実現が自分を少しずつ確立させていきます。

不安と書くと好成績 / ポジティブパワー へ戻る

お問い合わせ ・ 見学希望 ・ 入会金 月謝 ・ 開設教室 / 埼玉 話し方教室

(株)SEIWA話し方教室

Copyright (C) SEIWA Kawakami All Rights Reserved  2013 1 15 更新