あがり症克服のSEIWA話し方教室

話し方教室画像

あがり症について


ホーム開設教室講座内容入会・見学WEB教室あがり症を治すには

1. あがり症について




あがり症について1

私たちは、子どもの頃から競争社会、比較社会のなかで生きてきていますから、必要以上に人からの評価を気にします。「こんなことを言ったらバカにされるんじゃないか」とか「みんなによく思われたい」「失敗したくない」といった心の構えをもっています。みんな自分をよく見せたいのです。でもこの思いが自分をしばって萎縮してしまっているのです。

  この教室では逆のことをしましょう。「どう思われてもいい」「失敗してもいい」「これが自分なんだ」と自分が自分であるんです。心の構えを捨て、できる限りありのまま、そのままの自分を出すのです。仮面の自分を捨てるのです。これが自分を変えます。

  話が苦手な人も自分の思いや考え、気持ちをすなおに語っているうちに、次第に話すコツをつかみ、話す楽しさがわかってきます。あきらめないことです。人にはみな話す力が十分あります。ただ隠されているだけなのです。人は本来話したいのです。


あがり症について2

あがり症は大なり小なり自分のコンプレックスが引き起こします。それは過去の失敗であったり、人へのうしろめたさから来るものであったり、あるいは親や先生からの抑圧感であったりさまざまです。

  人はこうした心の底にひそむコンプレックスにしばられてあがり症などの状態におちいります。あがり症を克服するには、二つの面からトライをしていく必要があります。
  一つは、自分の心に潜むコンプレックスをよくよく見つめてみる必要があります。あがりという症状は、自分の意志がひき起こすのではなく、潜在意識の働きなのです。心の中にひそんでいるコンプレックスや不安、恐れが自律神経を通して体に変化を起させます。

  あがりや緊張は、だれでも起きますが、とくにひどいあがりや苦痛をともなう場合は、心に歪みがあると考えられます。この自分の心のなかの歪みをよくよく見つめてみることが大切です。この歪が自分をコントロールしているのです。この心の歪に気がつき、意識にのぼれば次第にコントロールされなくなります。これが心の解放です。

  もう一つのあがり症の克服は、逃げないで真正面から取り組むのです。とは言っても、怖くてなかなか出来ないものです。いままで避けていた分、不安がふくらみ恐怖にすらなっています。話し方教室はそのためにあるのです。失敗を恐れないで自分のペースで体験を積み重ねていけばいいのです。

  若くてか細い女子水泳選手が、高い飛び込み台の上から飛び込む姿を何げなく見ていますが、私たちがあの飛込み台に立ったらどんなでしょう。たぶん恐怖で立つことすら出来ないでしょう。低い高さから練習をして、次第により高い所を目指す。これなら出来ますね。練習と慣れにより、緊張や不安から解放されるのがとっても大切な一つの方法です。

あがり症の心へ

お問い合わせ ・ 見学希望 ・ 入会金 月謝 ・ 開設教室 / 埼玉 話し方教室

(株)SEIWA話し方教室

Copyright (C) SEIWA Kawakami All Rights Reserved   2006 9 10